<   2014年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

フレンチトーストも好きだけどオニグラスープ

仲良しと語り合った翌日
残ってしまったバゲッドのハシッコ
少し飲みすぎの、カラダにもやさしい  

オニオングラタンスープ

あ~ じっわ~~~~ん ^-^

a0153769_7215863.jpg



朝はマグカップサイズが、ちょうどいい


おはようございます

素敵な一日を♪


Denise
by subete_wa_hitotu | 2014-10-29 07:25 | Cuisine | Comments(0)

ドイツからやってきた賢いオーブンウェア@ブンツラワワー陶器

ブンツラウワーとは?
陶器を作る際の様式の名前。ブンツラウワー様式とは
「スポンジ模様付け技術に、筆絵付けを融合し、独特な多種多様の模様を組み合わせ、
手作業で器に色をのせる手法」のこと。この優しい色は手作業の賜物なのです。

陶器の種類は?(COC Denise扱い品)
1824年創業のドイツザクセン州の老舗陶器窯元Kannegiesser-Keramik(カンネギーサ陶器)
個性的なモチーフと独特な色使いの美しさが持ち味のHeise-Keramik (ハイゼ陶器)
一味違うブルーを基調としたシンプルな新デザインが人気の Eterna(エターナ)

最大の特徴は?
すべて電子レンジ、オーブン可能、食器洗い機だって大丈夫。
使いやすく丈夫、蓄熱力が高く、食器洗いも感心の汚れ落ちが魅力です!

a0153769_23543865.jpg

by subete_wa_hitotu | 2014-10-29 00:02 | ブンウラウワー陶器 | Comments(0)

お料理教室『Blau~ブロウ~』Vol.2のお知らせ

こんにちは、ドゥニです。
ありがたいことに、お料理教室Blauの第二回目をご案内することが出来ます! うれしい♪
(どきどきのVol.1の模様はコチラ

今回のテーマは、クリスマス
もちろんクリスマスパーティー以外にでも、皆さんに喜ばれるメニューです。
ブンツラウワー陶器はオーブンウェア、温かいお料理をそのままテーブルで楽しめます
そんな器を使って、簡単だけどゴージャスなお料理を、田中裕子先生が教えてくれます。

~お料理教室「Blau(ブロー)」のお知らせ~  Blau = ドイツ語で  です
ドイツの耐熱食器ブンツワウワーを用いたお料理教室。食器の即売会も開催されています。
クリスマスプレゼントにも最適な食器です!

日時:11月30日(日)10:00~19:00
    

場所:千代田区神田泉町1-3-11 大協ビル5F ㈱キッチンスタジオ内
℡ 090-9002-2936 OR 03-6825-0225


日時: 2014年11月30日(日) テーマ「クリスマス」
   ①11:00~ ②13:00~ ③15:00~ ④17:00~
料理:クリスマスチキン ジャガイモのピューレ添え
     リンゴのケーキタルト
   ☆15時の回は、リンゴのケーキタルトのみで参加費用は500円

※レッスンは約1時間となります


参加費:1000円(レシピ、試食、ワイン1杯付) 定員:10名
講師:フランス語お料理教室CuiCui 主宰 田中裕子
   ☆Blauの教室は日本語レクチャーですので、お気軽にご参加ください♪

申し込み:ドゥニーズのお料理道具箱サイト  http://www.coc-denise.com/
      お問い合せより(こちらから入れます)、希望時間帯(①~④)を明記の上お申し込みください


尚、当日はドゥニーズのショップロゴを作成してくれた、
滋賀県の 『 がま口ポーチ専門店 花水木 』 さんの、がま口ポーチも販売致します。
こちらもクリスマスプレゼントに是非ぴったり!新作柄もあって、私も楽しみにしています。 
ぜひお求めください♪



a0153769_15293019.jpg


*写真はお教室メニューとは、関係ありませんが、お皿に乗っているシュトーレンは
 千葉県八千代市のパン工房ボングーさんのシュトーレン
 今年も楽しみよ~ ^-^

                      Denise☆
by subete_wa_hitotu | 2014-10-28 15:31 | COC Desnie NEWS | Comments(2)

スクエアボウルもウレシそう♪@meshiさんのめし日記

ちょっとご案内です
お友達meshiさんのブログ 『 めし日記 』
写真の素晴らしさ、お料理のレパートリー、
色々教えてもらっているブログです。
今回の投稿には、ブンツラウワーのスクエアボウルも登場!


おいしそ~でしょ
meshiさんの画像を、お借りしました。
是非ご覧ください♪ 

a0153769_1239442.jpg

by subete_wa_hitotu | 2014-10-16 12:36 | Okiniiri | Comments(0)

お料理教室Blau~ブロウ~Vol.1が開催されました。

大型台風19号の行方をどきどき見守りながら
11月12日の日曜日、無事にお料理教室Blauをスタートすることが出来ました。
雲行きの怪しい中、参加してくださった皆様
心より感謝いたしております。

お教室&販売会は、セッティングから撤収までお手伝いをして頂いたり
先生のお料理サポートを、かってでてくれたり
沢山のお友達の協力で、会を開けました。

a0153769_11193621.jpg


そんな、素敵なみんなのお陰で
参加者さんから、早速次回の参加表明も頂けたりと
嬉しい限りです。
楽しんでいただけたのかな♪と、一安心
さらに、ナルホド!な会に出来るように整えますので
どうぞ、お楽しみになさってください。



今回のメニューは
アンディーブグラタン
a0153769_1118242.jpg


アンディーブグラタンはベルギー料理の代表格
苦味と甘味が特徴的で、オーブン料理や煮込み料理に最適です。
ホワイトアスパラがポピュラーになったので、次なるスターはこのアンディーブではないかしら ^-^
日本ではチコリで、名が通っています。
今回使用のチコリは、岐阜県中津川のチコリ村産!
(ご存知ですか?チコリ村)そんな地名があったのですね~
町興しの一環として、名付けられたそうです。
そもそも、チコリってどの様に出来るのか?
写真を見せて頂いたのですが、チコリひとつに対して
太い根っこがあるようです。その姿にちょっと衝撃が走りました。
是非、チコリ村のホームページを、覗いてみてください。
正直、あまり馴染みのないお野菜ですが、これからの季節
このチコリグラタンは、とってもお勧めです。


続いて、砂肝のコンフィ

a0153769_11184828.jpg


アツアツなので、下皿もオーブンOKなブンツラウワーを敷きます。
最近巷で販売されている砂肝は、下処理の面倒もなくなってきています。
手軽でコリコリの食感がクセになる一品を、さらに簡単調理
コンフィの油は、他のお料理に使いづらいので
パンを用意して、一緒に食せばお腹も満足
ワインも進みますね

パンを切って、器ごとオーブンに入れれば
温かさが長持ちします。

a0153769_1119916.jpg



次回は11月30日 日曜日
テーマは クリスマス
メインとデセールを予定しております。
詳細が決定次第、改めてご案内差し上げます。


ご縁に感謝☆

        Denise
by subete_wa_hitotu | 2014-10-15 11:22 | COC Desnie NEWS | Comments(0)

お料理教室『Blau~ブロウ~』

秋の三連休、スタート♪
しかし、大型台風がまたもや接近中とか・・・
今日の東京は、とてもお天気が良いので、
これから本当に、台風がやってくるのか?ちょっと信じられませんね
でも、皆様充分お気をつけくださいませ。

そんな、連休の真ん中、10月12日 (明日です)
いよいよ、第1回目のお料理教室『Blau~ブロウ~』が開催されます。
ですので、お天気がちょっとだけ心配ですが、きっと大丈夫!

講師は、フランス語お料理教室CuiCuiを主宰されている、田中裕子先生。
ブンツラウワー陶器を利用した、お手軽なお料理を教えて頂くレクチャースタイルで
器をより身近に感じて頂ければと、思っております。

現時点では、開催予定とさせて頂いておりますが、
万一の変更の場合、既にご参加登録をされている方へは
ドゥニーズよりご連絡を差し上げます。

「お料理教室に参加する時間は、あまりないのだけれど
ブンツラウワー陶器を、手に取って、実物を見たいわ」といった事でも、
ぜひ気軽にお立ち寄りくださいませ。
ご来店時に、ご連絡をいただければ幸いです。

ブンツラウワー販売のお知らせと、ブンツラウワーを使ったお料理教室同時開催


a0153769_14404860.jpg

by subete_wa_hitotu | 2014-10-11 14:40 | COC Desnie NEWS | Comments(0)

マリーアントワネット妃も愛した伝統菓子クグロフ@TERRE ETOILEEクグロフ型

今秋よりドゥニーズのお料理道具箱では、
フランスアルザス地方から発信するブランド
TERRE ETOILEE テールエトワレのご案内を始めますが
先ずは、クグロフ型から

a0153769_10362047.jpg


最近は、テフロン加工製やシリコーン素材の型が主流で
セラミックのクグロフは、正直人気が無いかもしれません・・・

でも、クグロフ型は、断然陶器!がいいなぁ

もちろん、アルミやスチール製の型も素晴らしいと思います。
だって、パンやケーキの型はほとんどが、金属ですもんね
表面カリッ、中身ふんわりはブリキ製が最高です。
シリコーン製も、お手入れや管理が手軽です。
となると、陶器製ってどうなんでしょう?
かさばるし、割れるし、重たいし・・・
あまり良いイメージはもてませんね

しかし、そんなネガティブワードたっぷりな、陶器の型をご紹介するのは?

陶器は金属に比べて熱伝導がゆっくりです。
その、ゆっくり火が通る工程こそ、クグロフを美味しくさせます。
しっとり、ソフトな食感は、陶器のなせる業
さらに、焼き上がりの表面は、金属とはまた違った、
温かみのあるプリーツが表れます。
なだらかなプリーツは、金属製の型には出せない優雅さがあるのです。

a0153769_10365237.jpg




クグロフの生地は、地方によって異なります。
大きくは、ブリオッシュ系の生地とバターケーキ系の生地に分かれます。
イベントによって作られる生地が、変わる事も有ります。
いずれの生地も、ソフトな食感がお似合いです
ぜひとも、陶器で作ったクグロフを楽しんでもらいたいと思うのです。

フランス王妃マリーアントワネットが
「パンがなければ、お菓子を食べればいいわ♪」といった?と、
言い伝えが残っていますが
王妃がお菓子といっていた食べ物は、このクグロフのことだったとか

なるほど!確かにお菓子とも、パンとも捉えることの出来る、食べ物ですね

粉砂糖をふりかけて、おめかしをしたクグロフは、プレゼントにも喜ばれます。
また、甘さを抑えた生地で作れば、食事パンとしても楽しめます。

クグロフは伝統菓子なので、正直斬新さは有りません
お店でも、あまり見かけないと思います。
でも、長い歴史がある食べ物だからこそ
色々な楽しみ方や、喜ばせ方があるとドゥニーズは思います。

クグロフの歴史は各地に諸説あるので、それを調べるのも
面白いです。
クグロフを頂きながら、歴史探訪もおススメです
お気に入りのエピソードが、見つかるかもしれません。



            Denise
by subete_wa_hitotu | 2014-10-10 10:43 | COC Desnie NEWS | Comments(0)

Chefのお道具箱@エコノムeconome

CuiCuiフランス語レシピ教室にて、お邪魔した
神田鍛冶町の Villa Due さん

ゆっくりシェフのお料理を、味わってみたいと
早速、お教室に参加したお友達と再来店

店名の通り、グランドメニューはイタリアンなのですが
講師の大谷シェフは、フランスで修行をされておりました。

なので、メニューはイタリアンとフレンチの融合で
食材の長所を活かした、お料理が楽しめます。

これから季節、どんどんあったかお料理が主役です。
シェフとみんなで、食材やスパイス、鍋や道具の話しで
大盛り上がり!

最後に、シェフが長年愛用している、道具を見せてくれました。
うっれし~~~~ ^-^


エコノム économe




a0153769_920568.jpg




お野菜や果物の皮を剝く道具です。

ピーラーという名前がポピュラーだと思いますが
シェフの皆さんは、エコノムとおっしゃいます。


エコノムといえば、フランスの刃物メーカー
Therias & L'Econome社が有名で、
以前の職場に入ったばかりの頃は、エコノムを探しにこられた方が
ピーラーを指しているのか?エコノム社のことなのか?
区別がつかず、混乱をした経験を思い出します hahaha

エコノムとは、エコノミーの意
皮を薄く剝けるので、経済的・節約上手!といった意味があるようです。
ナルホド☆

大谷シェフは、木製ハンドルが馴染むとおっしゃっていたのだけれど、
衛生上の観点、材料資源の観点から、
ここ近年ハンドルは、木製から樹脂製に変えているところが多いです。
(包丁の柄などもそうですね)
でも、職人さんは水や油を多く使用するので
樹脂ハンドルより、木製ハンドルのほうが、扱いやすいとのこと  fumufumu...

残念ながら、我がドゥニShopも、木製ハンドルのエコノムは
扱っておらずです >_<。。。 が、
ドゥニは、ドイツの老舗 WESTMARK をご紹介しております。
樹脂ハンドルではございますが、しっかり手に馴染んで、使いやすいと評判です。

WESTMARK スイヴェルピーラー ポムフィクス   

a0153769_9211233.jpg
 

WESTMARK トマトピーラー     
a0153769_9215095.jpg



その他のWESTMARK社アイテム


材料を無駄なく美味しく利用できる、お料理道具たちです。


次回のお料理教室も大谷シェフのお料理も、今からワクワク
ご縁に感謝☆


Chefのお料理道具、今度はどなたに見せてもらえるかなっ mufufu


                        Denise
by subete_wa_hitotu | 2014-10-06 09:33 | お道具箱 | Comments(0)

餃子?ラビオリ?焼きラビ⁈

ココナッツオイルを
なんとか使おうと、
アレやコレやと錯誤中

流行りには乗らないと!って、
ちょっと遅いね…
まぁ〜いいか

先日作ったミートソース

王道リガトーニ

a0153769_19121262.jpg



コクがプラスされて、
ココナッツオイル正解049.gif
ただ、イタリアンって呼ぶかは不明
ちょっとアジアンぽいかも


なので、ストックしたミートソースを
餃子の皮で包んでみました

チーズも入れて、ボロネーゼ餃子003.gif


a0153769_191213100.jpg




皮がさっくりで、美味しい072.gif


a0153769_19121451.jpg



もっとアジアンになったかな?

いや、そぉ〜〜でもない…

イタリアに戻ったような…

はっきりせぃ!と言う方には
合わないかもね011.gif

只今、変わり餃子、研究中006.gif


鉄鍋最高!
by subete_wa_hitotu | 2014-10-01 18:54 | Cuisine | Comments(0)