タグ:旅 ( 11 ) タグの人気記事

朝日に輝くアウグスト

a0153769_00210980.jpg


大戦の瓦礫から無傷で出てきた
アウグスト王
彼の強運を分けてもらいに
朝のお散歩
朝日を浴びてカッコイイ016.gif

by subete_wa_hitotu | 2016-08-29 00:16 | | Comments(1)

ドレスデンの空

a0153769_08374183.jpg


街じゅうに鐘の音が響きわたって
気持ちいい016.gif
ヨーロッパの空は
とっても青いって聞いてたけど
ホントね
ホンモノが見られて
嬉しいな


by subete_wa_hitotu | 2016-08-27 08:35 | | Comments(0)

2016春節@横浜中華街

a0153769_13553286.jpg

ちーsan(父)の提案により、
久々の『CODA会』は春節で賑わう、
横浜中華街へ
ちーsan、只今、中国語を勉強中
ふだんの会話でも、頑張って取り入れる
いくつになっても、何かに興味をもって
チャレンジするのはイイね


a0153769_13553261.jpg


馬租廟で引いたおみくじは、ありがた~いお言葉が書かれておりました。日々精進ですね。

その後、みんなでお昼
やっぱり中華料理は、大勢で食べるに限る♪

a0153769_13553276.jpg


去年夏に行われた高野会は、
市場通りにある湖南料理で、とーっても辛くやみつきな美味さ
でも、うちの家族は私を除いて
皆辛いの苦手…
もれなく、みんな大好き広東料理
メインストリートに面しているこちらのお店、白楽天
昔、何度か入った事があって
リーズナブルで、なかなか美味しい
ランチタイムなのに、ちょっと賑わい感が少ないため
入るのに、勇気が要りそうな雰囲気
なので混まないから、焦らずゆっくり食事を楽しめる
リーズナブルランチがウリの、数軒先にあるお店は、大混雑
以前、妹が入った事があるそうで
やはりメインストリートに美味い店なしと思ったそう
でもこちらは、妹も満足してくれたみたい
よかったよかった


午前中に行動したから、
思いのほかスムーズに回ることが出来たけど、
午後はかなりの人出

a0153769_13553325.jpg


もう少し暖かくなったら、また行こうね

kay072.gif

by subete_wa_hitotu | 2016-02-16 13:05 | dekigoto | Comments(0)

CuiCuipresents大人遠足@山梨県勝沼ぶどう郷~奥野田ワイナリー~

一軒目の白百合酒造さんから、Bistroミル・プランタンさんまでの間に
もうかなりの量のワインを、頂いておりますが、
さて次なるワイナリーは


奥野田ワイナリー さん





a0153769_23134857.jpg




到着してすぐに、畑の見学
地形を生かした垣根作り
一日中まんべんなく、太陽が当たるように
設計されているんだって。


更に、ICT(富士通GP2020)技術を取り入れ天候の変化を瞬時にチェック
感動させるワイン造りのため、新たな試みに挑んでおられます。

a0153769_23193685.jpg



2ヘクタールを所有し、カベルネ・ソービニヨン メルロー シャルドネ を栽培
少人数のスタッフで、ビオワインを生産するのは大変なこと。
しかし、あらたな技術の導入で、上質な葡萄を育て環境に配慮し、ワインを送り出す。
最近の異常な天候に驚いちゃうけど、これからはもっと色々な分野で
こうした努力が必要になってくるのでしょう。
地球レベルで考えなきゃいけないね~




建物の2階がテイスティングルーム


a0153769_14363094.jpg



a0153769_1702179.jpg



中村社長のお話を伺いながら、テイスティング開始



a0153769_1711179.jpg



奥野田ワイナリーさんのボトルエチケットはどれもアーティスティック
こちらのハナミズキは奥様の作品

甲州100%ハナミズキ・ブラン


酸味と香りの余韻が爽やかな逸品

他にもまだまだ、ときめきワインが揃っております
リピート確実な、奥野田ワイナリーさん
益々のご発展を、応援しています。


〒404-0034
山梨県甲州市塩山牛奥2529-3
奥野田葡萄酒醸造株式会社
TEL0553-33-9988 FAX0553-33-9977




大満足の大人遠足
既に次回の遠足も「ワイナリーツアーがいいね♪」と、
話が上がっています
次なる舞台は、何処になるのかな?
初訪、山梨ぶどう郷
都心からのアクセスもよく、これからも訪れたい場所です。


a0153769_17155449.jpg




素敵な一日をありがとう



あれだけワインを頂いたのに、
かいじに揺られて・・・

a0153769_17164769.jpg



ま、旅のお約束ですから




ご縁に感謝

Denise☆
by subete_wa_hitotu | 2015-09-20 08:05 | | Comments(0)

CuiCuipresents大人遠足@山梨県勝沼ぶどう郷~白百合酒造~

今回で3回目
CuiCui主催の大人遠足に参加

向かったのは、山梨県勝沼ぶどう郷
ワイナリー2軒にお邪魔して、葡萄とワインのお勉強
更に、ランチは待望のビストロへ訪問
さすが大人遠足、たっぷりと満喫満足♪な一日。


当日の東京は、小雨の降るお天気
ちょっと肌寒い朝でしたが、あずさ7号にに乗って到着した
勝沼ぶどう郷駅は、うっすら日差しもあり、ちょうど良い御天気♪

予約していたタクシーに各班で乗り込み、向かったワイナリーは


白百合酒造さん


昭和13年創業の白百合酒造さん、今の社長さんで3代目
長い歴史は、日本ワインのレジェンド
多くの困難を乗り切り、もっともっと山梨ワインを広めようと
貢献なさっています。


a0153769_1249415.jpg



先ずはテイスティング



a0153769_2143568.jpg


スパークリング1・白ワイン2・赤ワイン2 計5種類のワインを飲み比べ
試飲した後に、社長のレクチャーが始まります。
先入観を持たずに、試飲することが大事

情報を先に入れて臨めば、本来感じられる味が半減してしまう
ワインは、自分が感じた味で楽しめばよいとのこと


そうね、私もその方がもっとワインファンが増えると思うな


テイスティングの後は、葡萄踏み体験


a0153769_20494036.jpg



ナイアガラと言う葡萄です



食べ物を踏むなんて、うどんくらいかな?
ちょっと恐れ多い気もしたけど、始めてみると
葡萄の一粒一粒の感触が、なんとも気持ちよく
ここは思いっきり、葡萄踏み体験を堪能させて頂きました。




出来上がったのがこちら


a0153769_2053115.jpg



糖度は18度と高めでも
すっきり飲みやすく、みんなでお代わりしちゃった


いよいよ、葡萄畑を探検
迷子にならないように、社長についていくのが大変!
葡萄作りには、ぶどう狩りなどでよく見る
棚作りと、垣根作りがあります。


おなじみの棚栽培

a0153769_2153014.jpg




近年増えてきた、垣根栽培


a0153769_21534668.jpg


日本は圧倒的に、棚作りなんだそう
海外と比べて、湿度の関係が有るようです。
しかし最近は、垣根作りも徐々に多くなってきているとのこと
生産者の皆さんの、懸命な錯誤の賜物ですね
葡萄にあった環境を整えることにより、美味しいワインが仕上がるのでしょう。

それから、粒の丸々ぷっくりした葡萄を作る方法も教えて頂きましたよ


こんな感じ、


a0153769_2265829.jpg


ピオーネや巨峰は、粒が大きいとテンション上がるものね
すると社長「日本人は大きい粒が好きだから~」
そーなんだ日本人だけなのか、海外では違うのかな?



甲州・ベーリーA・ナイアガラ・カベルネソーヴィニヨン・他にも色々
表情豊かな葡萄達を、沢山試食をさせて頂き(ぶどう糖たっぷり摂取!)
私は勘違いをしていたことに気づきました。
ワイン用の葡萄は、そのまま食べても美味しくないと・・・
何かで読んだ気がしてたけど、気のせいかなぁ???
まったくのデマだったよ

葡萄畑のあとは、工場を見学
グラッパの蒸留機も完備されおり
これまた、ワインのみならず、トロリと上質なグラッパを製造されています。
オススメ006.gif


この日は、山梨で日本ワインコンクール2015の公開テイスティングが行なわれていて
ワイン業界の方々にとっては、重要な日だったみたい

日本ワインコンクール2015
国産ぶどう100%でつくられたワインの中から、優れたものを選ぶ日本ワインコンクール 
公開テイスティングでは、このコンクールで金賞・銀賞等を受賞したワインなどを
味わうことができます。
今年は終わっちゃったので、来年チェックですね!
でも、これから受賞ワインを飲むことは出来るのね
こちらもチェック☆


タクシーを待つ間、みんなで塗り絵大会
オリジナルラベルの製作中

a0153769_22441655.jpg


なかなか真剣ですよ037.gif

白百合酒造の社長をはじめ、皆さまお世話になりました
ありがとうごいざます。




次なるお楽しみは、ランチタイム!
私の中では、ここが今回一番のメインイベント~
ワクワクわくわく060.gif

つづく


ご縁に感謝☆


Denise




by subete_wa_hitotu | 2015-09-03 12:47 | | Comments(0)

オネガイ☆おたぬき様@神田須田町柳森神社

秋葉原で用事を済ませ、せっかくお天気もよいことだし

歩いて帰ろ~

そうそう、あの神社にも寄ってみよう♪


秋葉原と神田の境に小さな川が流れています。
以前に参加した 『 お江戸日本橋舟めぐり 』 でも通った川   神田川  です。
時折、秋葉原には歩いていくのですが
神田川に掛かる歩道橋の袂に、神社が有りまして
前から気にはなっていたのですが、なかなか立ち寄らず
よし今日は行くぞ!とお邪魔してきました。

a0153769_16174628.jpg


神田須田町 柳森神社

江戸三森神社のひとつです。

ひとつは日本橋の椙森神社、もうひとつは新橋の烏森神社、そしてこちらの柳森神社

江戸城の鬼門除けとして柳をこの地に沢山植え、
京都の伏見稲荷を勧請したことに由来する神社なのだそうです。

でもね、さらに興味深いお社があり
今回の参拝はそちらがメイン

a0153769_16283424.jpg


福寿神さまのお社です
そして通称  おたぬき様
なぜおたぬきさん?
福寿神(狸)の像ということらしい
柳森さんには、狐さんと狸さんが仲良く暮らしています 笑

a0153769_16473760.jpg


a0153769_1655394.jpg



そして興味深い逸話は
江戸幕府5代将軍の徳川綱吉の母・桂昌院様が信仰していたから
と言うもの

桂昌院様は京都の八百屋さんのお生まれ
八百屋の娘として生まれ、3代将軍家光に見初められ側室となり
徳川5代将軍・徳川綱吉の生母へ…いわゆる玉の輿
そんなお玉さんこと桂昌院様に肖ろうと、多くの女性が信心したそうな・・・
玉の輿願望を叶えるだけではなく
「たぬき=他に抜きんでる」ということから、
立身出世や勝負事、金運向上にご利益があるとして信仰を集めているそうです。

ふむ~ナルホド☆
アキバにお買い物へ来た際に、ちょこっと寄ってみては如何でしょうか

にゃんこにはカンケーなさそうですが・・・

a0153769_1794046.jpg






 
by subete_wa_hitotu | 2014-09-22 17:51 | ご近所さん | Comments(0)

柿の木に誘われルチルさんのアクセサリーと白洲邸@町田市~其の2~

柿の木に誘われルチルさんのアクセサリーと白洲邸@町田市~其の1
 の つづき


ルチルさんのアクセサリー展を後にし
駅に戻る道を右折、坂道を登っていくとありました

旧白洲邸 『 武相荘 』

昔、あるご婦人の陶芸のお手伝いをさせて頂いたときに
ご婦人からこちらの事を伺い、いつか行きたいなと、
いつかはなんて言っては、本当はいけないんですけど
つい、行動範囲外だとね。。。

でもこのたび、実現!
ルチルさんのお陰だね  アリガト☆


先ずは長屋門をくぐる手前に、ぴかぴか黒光りする車と、
日本で初めてジーンズを穿いた男 白洲次郎氏のお写真  すてき~♪
既にこの時点で、舞い上がってます  笑

a0153769_15592982.jpg


門をくぐり、最奥に茅葺屋根の家屋
残念ながら、室内は撮影禁止
ご夫妻が暮らした、当時の背景も感じながら
ゆっくりとゆっくりと、拝見させて頂きました。
なかでも、一番興味深かったのは、囲炉裏の周りに展示されていた器たち
季節によって展示の品や場所は変わるかと思いますが、
囲炉裏に一番近い場所に置かれていた、大小の片口碗が印象的で私好み!
生活食器の代表格文様の麦わら手、
大きい片口が朱で、小さい片口(と言っても結構大きい)が薄青
プレートをみると、ナント江戸時代作・・・
現代でも全く通用する、鮮やかな色彩で、
思わず  え~~~っ☆ と、声を漏らしてしまいました。
もっと近くで見たかったなぁ~ 触れてみたかったなぁ~
大きめだったけど、軽そうに見えた 錯覚かな?
いや、きっと軽いに違いない
とっても素晴らしい片口碗でした。

a0153769_16461886.jpg


家屋前の竹薮
凛とした空気が気持ちよかった

手前の石塔の元へ
正子さんは、次郎さんの遺髪を埋めたそうです。

購入した 珠玉の言葉 と言う本の中に

『 夫婦円満の秘訣はいつも一緒にいないこと 』

本の中では次郎さんの言葉として紹介されているけど
同じことを、正子さんもいっていたそう
でも、こうして亡き後も、いつでも傍にいられるようにとの想いだったようです。


じんわりきますね ^-^


a0153769_1773674.jpg




じっくりと散策し、最後にショップにお邪魔すると
素敵な器たちが並んでいます。
すっかり、武相荘の虜になっていたので
思わず骨董品を購入しちゃとこだった 汗
笑い竜の素敵な器だったんだけどね・・・
骨董品は出会いと言うから、きっと別のどなたかのお宅へ行っただろうな

今の我が家より、別なお宅のほうがお似合いだと思うし。。。

と、やせ我慢???

よ~し、似合う家に(暮らしに)するぞ~!!



珠玉の言葉 ~ 日本一かっこいい夫婦の 美しい共生 が残した 金言集 ~
おススメです。


a0153769_17102543.jpg



今度は春に行ってみようかな
by subete_wa_hitotu | 2014-09-18 17:18 | TokyoSampo | Comments(0)

柿の木に誘われルチルさんのアクセサリーと白洲邸@町田市~其の1~

ボングーさん開店4周年記念と仲間たち を土曜日に終え翌日曜日は、

RUTILE ルチルさんのアクセサリー展にお邪魔するため

町田市初上陸!
親戚が暮らしているのですが、私は訪れた記憶が・・・ない・・・

てっきり町田駅かと勝手に思いきや、最寄り駅は 鶴川
新百合ヶ丘駅から二つ目、静かな佇まいの改札を出て
街道をてくてく歩くこと凡そ10分

会場は古民家を利用したギャラリー  可喜庵

樹齢300年の柿の木が庭にあり、この木は 人を繋げる木 なんだそうです
コチラのギャラリーで催しを開催するたびに、人が人を呼び、来場者が増えるんですって

a0153769_9455717.jpg


元々は5本あった柿木、今では2本となったようですが
抜群の存在感、枝先にはしっかり柿が実っておりました

300歳でも、実がなるってすごいな~


今回のルチルさんのアクセサリーのテーマは       『やさしい手』

ルチルさんのコトバより    『大いなるもの、地球、人を ウッドと金属で表現したシリーズ』


a0153769_16305386.jpg

a0153769_16311480.jpg


今までの作品も、とても素晴らしいものだったけど、
ウッドと金属の融合が、ルチルさんの内で芽生えた新たなエネルギーを表現しているみたくて
なんだかワクワクくすぐったい感覚になりました *^-^*

実はルチルさん、素敵な方と伴に、これからの活動を新たな場所に移すのです
そんなこともあって、今回は絶対会いたかったの

そして、私も やさしい手 のひとつを、譲り受けてきました

a0153769_16441655.jpg



黒檀とゴールドの組み合わせが、神秘的でしょ ^-^
奥の輪は土星をあらわしていて、手前のストーンは、羽根なんですって♪


今も私の手首で、ころころ温もりを与えてくれています


ルチルさん
少し遠くに離れてしまうけど、わくわくな旅をいつでも応援してる☆


みなさんとお話しをしていたところ、お皿の話(道具のお話し?)になり
器が好きなら是非行ってみたらと、伺ったところが
なんと、白洲次郎さん・正子さんがお住まいになっていた
旧白洲邸 『 武相荘 』 

きゃ~っ!!


行ってみたいと思いを募らせ、かれこれウン十年・・・
いよいよその時がキタッ


つづく 。。。

                          Denise








by subete_wa_hitotu | 2014-09-10 17:11 | TokyoSampo | Comments(0)

第3水曜日はどうする?@千葉県富津市金谷

久しぶりの房総周辺買出しツアー

今回は、富浦 → 保田 → 金谷 と
いつもより少し小回りコース
スポット最終地は     かなや食堂
足湯や数件の八百屋さん・海産物屋さんが並ぶ
保田のばんやに負けず劣らず盛況の観光スポットです

金目鯛のなめろう おいしかったな
今回は保田でお昼を頂いたので
お買い物に寄っただけなのですが
お目当ての八百屋さんが。。。


なくなっていました



店内の売店で聞いてみたところ
昨年の9月ごろに店を閉めたそうです。
仲むつまじいご夫婦がお店を営んでいたのですが
とっても残念です・・・


最後は、少し切ない気分になりましたが
それも旅の醍醐味



a0153769_1737449.jpg







                                              潮風が心地よい

















<ご当地スーパーMEMO>
房総周辺でよく見かけるスーパーは  ODOYA
特に特徴があるというワケではなかったです・・・ フツウのスーパー
鮮魚コーナーが気になったので立ち寄ってみましたぁ
by subete_wa_hitotu | 2011-05-31 18:01 | | Comments(2)

第3水曜日はどうする?@千葉県南房総市富山

私が育った県には海がありません
小さい頃、海水浴に行くといったら千葉か茨城
とっても大掛かりなもので
ぎゅうぎゅうの電車に揺られながら
たどり着く頃にはもうへとへとになっていた
今のように車でびゅ~んというワケにはいかなかったなぁ

More
by subete_wa_hitotu | 2011-05-20 17:37 | | Comments(0)